ヒサログ

ヒサログ

料理が初めての人やあまりしない人向けに【とにかく細かくわかりやすく】料理のレシピなどを紹介しています!

MENU

味良し香り良し!焼いて漬け込む「エリンギのマリネ」のレシピ

スポンサーリンク

f:id:hissann:20180704191413j:plain

 

 エリンギ、好きですね!

 

こんにちは。ヒッサンです。

 

さて今回は、エリンギのうま味と香りを生かした「エリンギのマリネ」のレシピを紹介します。

サッと炒めて香りを引き出したエリンギをマリネ液にしっかりと浸したら、完成!

火を通すことで香ばしくなったエリンギの香りに、独特の食感やうま味を存分に味わうことのできる一皿です。

 

エリンギのその独特の歯触りの良さは、「食物繊維」の豊富さによるものです。

きのこの中でも特に食物繊維が多く、腸内を掃除し、コレステロール値を下げるなど、エリンギは生活習慣予防にもとても効果的な「健康きのこ」なんですよ~

 

さてそんなエリンギを今回はマリネにしますが、きのこを和えたり、浸けたりする料理の際に気を付けたいポイントが1つ!

それは「先にサッと焼く」ということ!

 

きのこをあえ物やマリネなんかに使う場合には、先に焼いてから使うことで、きのこの持つ香りが抜けてしまわず、さらに香ばしさも加わって美味しさアップです!

また、水分の少ないあえ物に使う場合でも、焼いておけば水っぽくなりにくいです。

 

さらに、炒めるんじゃなくて「焼く」というところも大事です!

きのこは箸でいじらずに、焼き色がつくまでじっと待ってあげることで香りやうま味がしっかりと出てくれます。

なので、今回もしっかりと焼いてから、マリネ液に漬け込んでいきますよー!

 

さあそれでは今回の詳しいレシピを見ていきましょう!

 

エリンギのマリネ

材料です。(2人分)

 

・エリンギ    2本

・オリーブオイル 小さじ2

・粉パセリ    適量

 ≪マリネ液≫

 ・コンソメ    5g

 ・水       大さじ5

 ・酢       大さじ1

 ・塩       ひとつまみ

 ・コショウ    ひとつまみ

 ・オリーブオイル 大さじ1

 

以上です。

 

作り方

①:エリンギを薄切りにする

エリンギは、石づきを取ったら、縦に5㎜ほどの幅で薄切りにしましょう。

f:id:hissann:20180704175117j:plain

f:id:hissann:20180704175120j:plain

 

②:マリネ液を作る(弱火)

鍋にマリネ液の材料をすべて入れて、よく混ぜながら弱火にかけます。

沸騰する直前になったら火から降ろしましょう。

f:id:hissann:20180704175228j:plain

 

③:エリンギを焼き、マリネ液に浸す(中火)

 フライパンにオリーブオイル小さじ2を引き、エリンギを焼いていきます。

いじらずに、焼き色がつき、香ばしい香りが出てくるまで待ちましょう。

f:id:hissann:20180704175232j:plain

両面に焼き色を付けたら、バットなどに取り出します。

f:id:hissann:20180704175235j:plain

マリネ液に20分ほど浸したら、お皿に盛って、粉パセリを振れば、完成!

f:id:hissann:20180704175315j:plain

 

実食!

f:id:hissann:20180704184253j:plain

美味しくて、さっぱり食やすいッ!!!

噛むとジュワ~っとエリンギの香りとうま味があふれてくるんですよね~。美味い!

また、マリネ液の酸味のおかげで、さっぱりと食べやすくて、これがまたいいんですよ!

 

今回は少し薄めに切りましたが、「食感重視」っていう方は、ぜひ1㎝以上の厚さで切ってみてください。分厚いエリンギもたまらなくおいしいですよ~

ただその場合は、焼くときにさらにしっかりガッツリ焼き付けることと、マリネ液に浸す時間を長めにするようにして下さい。

ぜひお試しを!

 

さて今回の「エリンギのマリネ」はいかがでしたでしょうか?

今までにもいくつかきのこを使ったレシピを紹介してきましたが、彼らは香り高い分、繊細ですから、丁寧に扱ってあげましょう。

その分、とっても美味しく仕上がりますからね!

 

ぜひぜひ作ってみてください!

 

今回のおすすめ!

www.kato-hisaaki.com

www.kato-hisaaki.com

www.kato-hisaaki.com