ヒサログ

ヒサログ

料理が初めての人やあまりしない人向けに【とにかく細かくわかりやすく】料理のレシピなどを紹介しています!

MENU

キャベツの芯はみそ汁に!出汁から作るキャベツの芯のみそ汁のレシピ

スポンサーリンク

f:id:hissann:20170928102902j:plain

 

出汁から作る。このひと手間で驚きの違い。

 

 

こんにちは。ヒッサンです。

みなさん、みそ汁ってよく飲みますか?僕は実家にいたころは毎日飲んでいたんですけど、一人暮らしを始めてから、かなり飲む頻度が減ってしまった気がします。

なかなか汁ものってつくらないんですよねー。あったらいいけれど、絶対必要でもないので…。でも、やっぱり日本人だからでしょうか?ときどき、ものすごく体がみそ汁を欲するときがあるんですよね笑

ああ、飲みたい!みたいな笑

と、まあ最近もその衝動が来たので、どうせなら出汁から作ったみそ汁を食べよう!と。

というわけで、今回は、昆布のだしとしいたけの戻し汁を使った「キャベツのみそ汁」を紹介します。

キャベツは芯に近い葉、もしくは芯そのものを入れちゃって作りましょう!これがまたシャキシャキ甘味の強い葉がみそ汁にはバッチリなんですよ!くり抜いた芯は捨てずにみそ汁にしてしまいましょう。

 

それでは、今回の詳しいレシピです。 

 

キャベツのみそ汁

材料です。(2人分)

 

・キャベツ     100gほど  芯に近い葉、または芯でもOK!

・油揚げ      20g

・みそ       大さじ1

・昆布のだし    250ml

・しいたけの戻し汁 250ml

※「昆布のだし」と「しいたけの戻し汁」についてはこちらの記事で!

www.kato-hisaaki.com

 

作り方

①:キャベツ・油揚げを切る

キャベツは葉脈に沿って千切りにしましょう。

f:id:hissann:20170928103930j:plain

芯を使う場合は、縦方向にして同じように千切りにしていきます。縦に千切りにすることで口当たりがよくなります。

 

油揚げは1~2㎝幅に切りましょう。ここはまあいい感じの大きさに笑

f:id:hissann:20170928104144j:plain

 

②:だしを煮立たせ、みそを加える(強火⇒沸騰させない程度)

鍋に昆布のだし・しいたけの戻し汁各250mlを入れ、強火にかけて煮立たせます。

f:id:hissann:20170928104533j:plain

f:id:hissann:20170928104536j:plain

一度煮立ったら沸騰させない程度に火を弱め、みそ大さじ1を溶き入れます。

みそを加えたら、絶対に沸騰させないようにしましょう。香りが飛んでしまいます!

f:id:hissann:20170928104801j:plain

 

③:キャベツ・油揚げを加える(沸騰させないように)

みそを溶き入れたら、キャベツ、油揚げを加えます。そのまま沸騰させないくらいの火でしばらく煮込みます。

f:id:hissann:20170928105005j:plain

キャベツがしんなりとして、浮かんでこなくなったら火が通った証拠。完成です!

 

実食!

というか、完食!

f:id:hissann:20170928102927j:plain

 うまかった!!だしの香りにみその風味。これぞ和食!

みそ汁を作るときは、顆粒だしで済ませてしまうことが多いですが、やっぱりとっただしで作ると全然違います!もうびっくりするくらい違う。

水出し」でとれば、置いておくだけで出汁が取れて簡単です!ストックを置いておくと大変便利ですよ!

また、キャベツを入れたら、少しおくと良いです。少し冷ますくらいのイメージで。そこからもう一度沸騰直前まで加熱すると、キャベツがみそ汁をグゥーッと吸ってますますおいしくなりますよ!

 

前回紹介した「とろろ丼」と一緒に食べれば、もう最高です!素朴ながらもうま味がギュッと詰まった食卓になります。

www.kato-hisaaki.com

 

 

それではまた次回!