ヒサログ

ヒサログ

料理が初めての人やあまりしない人向けに【とにかく細かくわかりやすく】料理のレシピなどを紹介しています!

MENU

美味しく作るポイント盛りだくさん!「回鍋肉<ホイコウロウ>」のレシピ

f:id:hissann:20180620180353j:plain

 

 白ごはんが食べたくなるね

 

こんにちは。ヒッサンです。

 

さて今回は、中華のボリュームおかず「回鍋肉」のレシピを紹介します。

具材を炒めて、調味料と混ぜて、ぱぱっとできるように見えて、ポイントはたくさんあります!

コツを押さえておいし~く仕上げましょう。

 

さて、回鍋肉になくてはならない食材といったら、やはりうま味たっぷりの「豚バラ肉」ですよね~。

噛むとうま味と脂のうま味がジュワ~っと広がって、たまらない美味しさがありますよね!

 

そんな豚肉を炒め物で上手に使うポイントは「サッと湯がくこと」!!

炒めてやる前に沸騰したお湯でササっと数秒だけ茹でます。

こうすることで、余分な脂や臭みが消えて、さらにおいしく上品に仕上がるんですよ~。

 

ただ、茹ですぎるとうま味も逃げ出てしまうし、固くなってしまうので、ササっとお湯に通す程度で大丈夫です。

 

また、サッと茹でてやることで豚肉にあらかじめ火を通しておくことができるので、フライパンの中で炒める時間も短縮することができます。

炒める時間が長くなると、油でギトギトになってしまうので、これも重要なポイントですね。

 

他にもいくつかのポイントをレシピの中で紹介しています。

さあそれでは今回の詳しいレシピを見ていきましょー!

 

回鍋肉<ホイコウロウ>

材料です。(2人分)

 

・豚薄切り肉   150g

・キャベツ    300g 葉5~6枚

・おろしニンニク 小さじ1/2

・おろししょうが 小さじ1/2

・サラダ油    大さじ1

・酒       大さじ2

 ≪豚肉下味用≫

 ・酒       大さじ1

 ・しょうゆ    大さじ1

  ≪合わせ調味料≫

  ・甜麺醤     大さじ2

  ・豆板醤     小さじ1/2

  ・片栗粉     小さじ1/2

  ・砂糖      小さじ1/3

  ・しょうゆ    小さじ1

  ・酒       大さじ2

 

以上です。

 

作り方

①:キャベツを切る

キャベツはまず、固い芯をV字に切り取ります。

f:id:hissann:20180620182651j:plain

芯を切り取ったら、「葉脈」に沿って数㎝幅に切りましょう。

炒め物にするときには葉脈を残すように切ることでアクが出にくく、食感も良くなりますよ!

f:id:hissann:20180620181739j:plain

その後、切ったものを重ねて、葉脈を断つ向きに切っていきましょう。

このように大きさをそろえて切りましょう。大きさがバラバラだと、炒めるときに火の通りに差が出てしまいます。

f:id:hissann:20180620181759j:plain

芯は包丁を寝かせて削ぎ切りにしましょう。

薄く切ることで、芯も葉と一緒に炒めてやることができますよ。

f:id:hissann:20180620181820j:plain

 

②:豚肉の下処理をする

豚肉は切った後に湯がくので、鍋にお湯を沸かしておきましょう。

まず豚肉は5㎝程度の幅に切っていきます。

f:id:hissann:20180620181853j:plain

切ったら、豚肉の下味用の調味料と合わせて、手でよく揉みこみます。

さらに、10分ほど置いておきましょう。

お肉にしっかり下味をつけておくことで、茹でてもうま味が逃げず、水っぽくなりません!

f:id:hissann:20180620181915j:plain

10分経ったら、沸騰したお湯の中にくぐらせましょう。

サッと10秒ほどでOKです!

湯がいた後の鍋は白く濁ってるはず。こうしてサッと茹でることで余分な脂や臭みを抜くことが大切ですよ~。

茹で終わったら、水気は切っておきましょう。

f:id:hissann:20180620181932j:plain

 

ついでに、合わせ調味料も混ぜておきましょう。

全部混ぜるだけですが、混ざりにくいものから順番に!

甜麺醤や豆板醤やらを混ぜておいて、最後に酒大さじ2で溶かすときれいに混ざります。

f:id:hissann:20180620182024j:plain

 

③:豚肉を焼いていく(中火)

さて豚肉を焼いていきましょう。

フライパンにサラダ油大さじ1とおろしニンニク・しょうが各小さじ1/2を乗せたら、10秒ほど中火にかけます。

f:id:hissann:20180620182055j:plain

香りが出てきたら、豚肉を焼いていきましょう。

炒めるんじゃなく、焼いていきます!

すでにほとんど火は通っているのであまりいじらずに、ときどきひっくり返しながら焼き色を付けていきましょう

f:id:hissann:20180620182123j:plain

1分ほどして焼き色がついてきたら、小皿に取り出しておきましょう。

f:id:hissann:20180620182138j:plain

 

④:キャベツを炒める(強火)

 同じフライパンにキャベツを入れて強火にかけます。

f:id:hissann:20180620182201j:plain

キャベツをまんべんなく広げたら、酒大さじ2を回しかけましょう。

蒸気が上がって蒸し焼き状態になるため、すばやく火を通すことができます。

f:id:hissann:20180620182226j:plain

サッと炒めつつ、キャベツの色が色鮮やかになり、かさが2/3くらいに減ってきたらOK!

ここまで強火で一気に加熱することが大事!

鮮やかな色や食感を損なわずに仕上げることができますよ~

f:id:hissann:20180620182250j:plain

 

⑤:豚肉を戻し、調味料を加える(中火)

 キャベツが炒まったら、中火にして豚肉を戻します。

f:id:hissann:20180620182337j:plain

さらに合わせ調味料も回しかけて全体を混ぜていきます。

f:id:hissann:20180620182421j:plain

具材には火が通っているので、調味料を全体にサッと絡めたら完成!

f:id:hissann:20180620182443j:plain

 

実食!

f:id:hissann:20180620180420j:plain

コクのある辛みにキャベツの甘味が良く合う!!!

今回のレシピでは、豆板醤は控えめで、コクのある甘辛さが特徴の甜麺醤が多め。そんなまったりした味付けに、シャキシャキした小気味よい食感と甘みが引き出たキャベツがよく合うんです!!

さらに豚肉にたっぷり含まれたうま味も口いっぱいに広がって、こりゃたまらん!

言わずもがな、白ごはんとの相性はバツグンで、いくらでも食べれてしまいそう。

 

さて今回の「回鍋肉」のレシピはいかがでしたでしょうか?

コク旨な味付けで、野菜もたっぷり取れるところがうれしいですね!

コツを押さえて丁寧に作ってやれば、料理は一味も二味もおいしくなりますから、今回紹介したポイントもぜひぜひ活用してみてくださいね!

 

今回のおすすめ!

www.kato-hisaaki.com

www.kato-hisaaki.com

www.kato-hisaaki.com